《スポンサードリンク》



不幸はどこか律儀なところがあって、たいていの場合、悪い予感を抱いている人間の上にふりかかることになっている。


小田嶋隆(コラムニスト)


《スポンサーリンク》