《スポンサードリンク》















『世界のスピリチュアル50の名著』(T.バトラー=ボードン)
『世界のスピリチュアル50の名著』(T.バトラー=ボードン)『神との対話』・『聖なる予言』・『かもめのジョナサン』・『ガンジー自伝』・『禅とオートバイ修理技術』などのベストセラーをはじめとした古今東西のスピリチュアルの名著50冊のエッセンスが1冊にまとまりました。スピリチュアルの必読書の要点が1冊5分で分かります。
▼この本で紹介されている名著一覧

  1. 『メッカへの道』 ムハンマド・アサド

  2. 『告白』 聖アウグスティヌス

  3. 『かもめのジョナサン』 リチャード・バック

  4. 『ブラック・エルクは語る』 ブラック・エルク(ジョン・G・ナイハルト)

  5. 『宇宙意識』 リチャード・モーリス・バック

  6. 『タオ自然学』 フリッチョフ・カプラ

  7. 『呪師に成る?イクストランへの旅』 カルロス・カスタネダ

  8. 『アシジの聖フランチェスコ』G・K・チェスタトン

  9. 『チベットの生きる魔法』 ペマ・チョドロン

  10. 『荘子』 荘子
  11. 『ビー・ヒア・ナウ』 ラム・ダス、ラマ・ファウンデーション

  12. 『要録』エピクテトス

  13. 『ガーンディー自叙伝』 M・K・ガーンディー

  14. 『幸福の錬金術』 ガザーリー

  15. 『預言者』 カリール・ジブラン

  16. 『注目すべき人々との出会い』 G・I・グルジェフ

  17. 『道しるべ』 ダグ・ハマーショルド

  18. 『シャバット』 A・J・ヘッシェル

  19. 『シッダールタ』 ヘルマン・ヘッセ

  20. 『知覚の扉』 オルダス・ハクスリー

  21. 『宗教的経験の諸相』 ウィリアム・ジェイムズ

  22. 『ユング自伝?思い出・夢・思想』 C・G・ユング

  23. 『マージェリー・ケンプの書』 マージェリー・ケンプ

  24. 『子供たちとの対話?考えてごらん』 J・クリシュナムルティ

  25. 『悪魔の手紙』 C・S・ルイス

  26. 『完訳 マルコムX自伝』 マルコムX

  27. 『カバラの真髄』 ダニエル・C・マット

  28. 『かみそりの刃』 サマセット・モーム

  29. 『癒しの旅?ピースフル・ウォリアー』 ダン・ミルマン

  30. 『死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」』 マイケル・ニュートン

  31. 『マインドフルの奇跡』 ティク・ナット・ハン

  32. 『アナム・カラ?ケルトの知恵』 ジョン・オドノヒュウ

  33. 『禅とオートバイ修理技術』 ロバート・M・パーシグ

  34. 『聖なる予言』 ジェームズ・レッドフィールド

  35. 『四つの約束』 ドン・ミゲル・ルイス

  36. 『奇跡のコース』 ヘレン・シュクマン/ウィリアム・セットフォード

  37. 『スーフィーの道』 イドリース・シャー

  38. 『聖魔女術?スパイラル・ダンス』スターホーク

  39. 『禅へのいざない』 鈴木俊隆

  40. 『天界と地獄』 イマヌエル・スエデンボルグ

  41. 『霊魂の城』 アビラの聖女テレサ

  42. 『マザー・テレサ語る』 マザー・テレサ(ルシンダ・ヴァーディ編)

  43. 『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる 』 エックハルト・トール

  44. 『タントラへの道?精神の物質主義を断ち切って 』 チョギャム・トゥルンパ

  45. 『神との対話』 ニール・ドナルド・ウォルシュ

  46. 『人生を導く5つの目的』 リック・ウォレン

  47. 『神を待ちのぞむ』シ モーヌ・ヴェイユ

  48. 『万物の理論』 ケン・ウィルバー

  49. 『あるヨギの自叙伝』 パラマハンサ・ヨガナンダ

  50. 『魂との対話』 ゲーリー・ズーカフ


著者について

T.バトラー=ボードン Tom Butler-Bowdon ロンドンスクール・オブ・エコノミクス、およびシドニー大学卒業。現在、英国とオーストラリア両国に住まいを構える。著書に『世界の自己啓発50の名著エッセンスを読む』『世界の成功哲学50の名著
エッセンスを解く』(いずれも小社刊)『50 Psychology Classics』(小社より刊行予定)がある。初の著書である『世界の自己啓発50の名著』はベンジャミン・フランクリン賞、および書評誌
FOREWORD MAGAZINE選定ブック・オブ・ザ・イヤーを受賞し、自己啓発文学の第一人者と評価されている。 <訳者>鈴木尚子(すずき
なおこ) 愛知県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。翻訳業の傍ら私立高校、学習塾などで非常勤講師として英語を教える。訳書に『取締役会の毛沢東』(バジリコ刊)がある。

《スポンサーリンク》