《スポンサードリンク》



鋭さを面にあらわして歩いているような男は才物であっても第二流だ。第一流の人物というのは、少々、馬鹿にみえている。


司馬遼太郎(小説家)


《スポンサーリンク》