《スポンサードリンク》


やまとの歌は 人の心を糧として 万の言の葉とぞなれりける。


紀貫之(平安時代初期の歌人)



《スポンサーリンク》