《スポンサードリンク》


私はみそつかすの響に 棄てがたい愛を感じる。


幸田文(随筆家・小説家)



《スポンサーリンク》