《スポンサードリンク》


人の生涯は、罪を犯しつつ死を前に望む恐怖の生涯である。罪の苦悶と死の恐怖と、この二つは、人が墓までたずさへゆくべき道づれである。


内村鑑三『ロマ書の研究』

《スポンサーリンク》