《スポンサードリンク》


どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。
そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。
時間こそが心の傷の妙薬なのです。


瀬戸内寂聴(小説家、天台宗の尼僧)

《スポンサーリンク》