《スポンサードリンク》


息子たちにもおやじは逃げなかった、ということがわかってもらえたらそれでいい。世の中の巨悪、利権構造、超保守主義、刹那主義。これを見たのだ。それを見て見ぬふりをして、若い人にツケを送って、オヤジは悠々自適の生活をして幕を閉じた、とは言わせない。


大前研一(経営コンサルタント)

《スポンサーリンク》