《スポンサードリンク》


私は少しも恐れるところがない。
私はこの世界に、何事かをなさんがために生まれてきたのだ。


野口英世

《スポンサーリンク》