《スポンサードリンク》


(一切投機をしない理由は)世人より投機者流と見られ、世間の信用を失うようにならぬとも限らぬ。すなわち一時は利益を得ても、永い年月の中には、大いに損をすることになるべし。

渋沢栄一(江戸-明治の政治家)
《スポンサーリンク》