《スポンサードリンク》


打楽器は上には上がいるのと、練習環境がないので諦めてしまったけど、ブログを日々更新していると、あのときの感覚が蘇る。目をつぶっても、当てることができるか。いかに自分の身体に刻み込むか。無意識レベルでもそれなりのクオリティのものが生まれるか。

イケダハヤト(プロブロガー)
《スポンサーリンク》