《スポンサードリンク》


苦手意識があるということは、そこにまだ自分の開発されていない部分があるわけです。苦手なジャンルにチャレンジし、開拓していけば、その領域で伸びていけるかもしれない。

松岡修造(日本の元プロテニス選手)
《スポンサーリンク》