《スポンサードリンク》


きついことを言うのは、あなたのことを心配してくれているのですから、厳しく接してくれる人を大切にしましょう。とくに、右肩上がりで好調のときに言われる苦言や忠告こそ、真剣に受け止めるべきです。

松岡修造(日本の元プロテニス選手)
《スポンサーリンク》