《スポンサードリンク》


現在の採用システムでは、人間の成長過程から20歳くらいの時期だけを切り取って、人材を評価している。
「遅咲き」の人はチャンスを与えられないのに、「早枯れ」の人には企業のリソースが注がれることになる。

猪瀬直樹(元東京都知事・作家)

 
《スポンサーリンク》