《スポンサードリンク》


創造的な領域では、基準とするものがない。真っ暗闇で嵐が吹きすさぶ海原を、羅針盤も持たず航海していくようなものだ。そのような創造の領域では、自分自身の中に羅針盤を求めて、方向を定め、進んでいかなければならない。

稲盛和夫(京セラ、第二電電創業者)

 
《スポンサーリンク》