《スポンサードリンク》


私の世代は、大学を出ても就職先などないのが当たり前でした。そして、幸運にも仕事に就くことができたら、その仕事を必死でやるのが当たり前の時代でした。逆境のなかで耐えて、耐えて、必死になって働き続けることによって自分の精神が鍛えられ、揺るぎない信念が磨かれていったように思います。つまり私の信念は、自分で求めたのではなく、他動的というか、環境から授かったものという気がいたします。

稲盛和夫(京セラ、第二電電創業者)

 
《スポンサーリンク》