《スポンサードリンク》


意識の変化には、JALの社員が倒産という「死の淵」を覗いたことも大きかったでしょう。その恐怖心がなかったら、本気で意識改革をしようなどとは思わなかったかもしれません。

稲盛和夫(京セラ、第二電電創業者)

 
《スポンサーリンク》