《スポンサードリンク》


ピンチを脱するというより、ピンチにしないように早めに手を打っているんです。数字を毎日細かくチェックして、ちょっとした変化を見逃さないようにしているのもそのためです。致命的な傷になってから治すのは、本当にしんどいですから。逆に、手術が必要になる前に、注射レベルで治る段階で早めに治療しておけば、それほど苦労しないで済むんです。

大東隆行(「餃子の王将」社長)

 
《スポンサーリンク》