《スポンサードリンク》


ひきこもりが原因で高校を中退したのですが、絵が好きだったので大検を受けて芸大に行きたいと思ったんです。でも予備校に行くにはお金がいる。それで仕方なく新聞配達しながら予備校に通うことにしたんです。新聞配達は基本的に人と話さなくてもいい仕事ですから、その点は気楽でした。僕が住み込みをしていた新聞配達店はお互いにあまり干渉しない雰囲気があって、居心地がよかったですし、少しずつ人と接することができるようになりました。いま思えば、ちょうどいいリハビリになったんだと思います。

家入一真

《スポンサーリンク》