《スポンサードリンク》



「社会への復讐」が創作のエネルギーになることを知らないのは、ゼロから何かを生み出し、世に問うたことがないからだと思う。空気を読んで、温厚に生きるのを否定しているわけではないですが。



イケダハヤト(プロブロガー)


《スポンサーリンク》