《スポンサードリンク》


生死の不思議とは、実は「ある」と「ない」の不思議なんだ。人は、「死」という言い方で、「無」ということを言いたいんだ。でも、これは本当におかしなことなんだ。「無」とは、「ない」とうことだね。無は、ないから、無なんだね。それなら、死は、「ある」のだろうか。「ない」が「ある」のだろうか。死は、どこに、あるのだろうか。死とはいったい何なのだろうか。

池田晶子(『14歳からの哲学 考えるための教科書』)

 
《スポンサーリンク》