【人生最強の名言集】 座右の銘にすべき人生語録・名言・格言集

【名言数10,000】混迷の時代を生き抜くための好きな言葉・語録・名言・格言集・人生訓

《スポンサードサイト》

「政治・権力・歴史」に関する名言・名セリフ一覧

《スポンサーリンク》


私が防衛庁の防衛課に勤務していたころ、当時の航空…(田母神俊雄)

自衛隊では、「私心をなくせ」とよく教えられるのですが…(田母神俊雄)

49%までの私心があったとしても…(田母神俊雄)

災害が起きてから、どういう組織で助けようかと言って…(田母神俊雄)

政府と東京都が一体となって、景気回復に努力をする…(田母神俊雄)

松竹で一番えらいやつは、社長やなくて鶴瓶やろ。(やしきたかじん)

「日本」という国が、国旗や国歌や国土以外のものとして…(池田晶子)

善悪の基準を自分の外に求めるという思い込みの根は…(池田晶子)

芸風的に毒をちらっと吐いておけば、端から…(イケダハヤト)

まぁ、すべての人が問題意識をもって働けるとも…(イケダハヤト)

ぼくの政治的な態度は、人間には厳密な意味での自己責任…(イケダハヤト)

昔、ラジオのゲストで質問に答えへんバンドがおってん…(やしきたかじん)

池上彰、ポリシー持てよ!全チャンネル出てどう…(やしきたかじん)

全放送の中で、勝谷に「勝谷おらぁ!」言うてんの…(やしきたかじん)

地位や安泰なんて考えるようだったら、今の僕はない。(本田圭佑)

権力があればなんでもできるという錯覚…(猪瀬直樹)

近年の日本人のメンタルが弱くなったとすれば…(猪瀬直樹)

自分たちは何者なのか、いま一度ふり返ってみるとよいと…(猪瀬直樹)

昨今の教育では歴史をあまり教えてこなかったこともあり…(猪瀬直樹)

気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです…(堀江貴文)

一度、自分で仕事をとってきてやってみることが大切…(堀江貴文)

中世というのは鬱屈した時代でした。日本の江戸時代は…(堀江貴文)

インターネットは急速に進化していますが、最先端の…(堀江貴文)

伝道の書に書かれてる突き抜けたニヒリズムっていうのは…(宮崎駿)

まぁ、すべての人が問題意識をもって働けるとも…(イケダハヤト)

芸風的に毒をちらっと吐いておけば、端から…(イケダハヤト)

入るを計りて、出(いず)るを節す。(渋沢栄一)

明治維新当時の財界における三傑は…(渋沢栄一)

個人の富はすなわち国家の富である。(渋沢栄一)

大なる欲望をもって利殖を図ることに充分でないものは…(渋沢栄一)

『智』『情』『意』の三者が権衡を保ち、平等に…(渋沢栄一)

たとえその事業が微々たるものであろうと…(渋沢栄一)

成功には嫉妬が伴い、成功者の多くは老獪…(渋沢栄一)

最も重んずべきは信である。信を守らねばたちまち失敗す。(渋沢栄一)

第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしには…(アインシュタイン)

たとえ国家が要求したとしても良心に反する…(アインシュタイン)

宗教なき科学は不完全であり、科学なき…(アインシュタイン)

ナショナリズムは小児病である。それはハシカである(アインシュタイン)

ロスチャイルドに代表されるように、ユダヤ人は…(藤田田)

GHQのGIたちはユダヤ人を軽蔑しながら、彼らに頭が…(藤田田)

デスクトップ・コンピューターの業界は死んだ…(スティーブ・ジョブズ)

為政者の景気回復政策の無策を拱手傍観・悲憤慷概する…(藤田田)

米国経済圏内にある日本丸の舵取りは、極めて…(藤田田)

私たちのビジネスは、人間の味覚という実に微妙な…(藤田田)

ファーストフード発展の歴史を見ると、インフレーションに…(藤田田)

手段は完全になったというのに、肝心の目的が…(アインシュタイン)

信長公は勇将であるが良将ではない。剛を持って柔に…(豊臣秀吉)

人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ。戦のときも先駆けをして。(豊臣秀吉)

およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるもの…(織田信長)

晴信の弓矢は欲のためではなく、民百姓を安楽にする…(武田信玄)